竹田千蔵商店とは

竹田千藏商店とは

365日、良質で心地よい工芸品で日々の暮らしを自分らしく楽しむ

長年継承・革新されてきた伝統の技を次の世代につなぎ、進化させる
——創業130年の材料屋だからできる、日々を豊かにするブランド

当社は、工業薬品、塗料、接着剤、樹脂、衛生管理用品、伝統産業資材等の商社です。

明治26年創業以来、材料屋としてものづくり企業を支えてきました。
顧客は、半導体の工場から仏具や京扇子の職人さんまで幅広く、伝統工芸の職人も多くいます。

しかし伝統工芸の担い手は徐々に減っており、また伝統工芸に関わる材料も、需要の減少と共に廃番になるものがあります。

そこで、伝統工芸の技と文化の継承を目指すため、日々の生活に取り入れられる伝統工芸品のブランド「竹田千藏商店」を立ち上げました。

高い技術を持つ伝統工芸職人とデザイナーをつなぎ、自社で開発した商品を展示販売する「ギャラリー竹田千藏商店」を開店します。

竹田千藏商店&ギャラリー

竹田千藏商店では、伝統工芸の職人とのコラボレーションにより、現代にもなじむアイテムを開発・販売するとともに、ギャラリーでは伝統工芸作家の作品も展示し応援しています。

アクセス

株式会社タケダ(運営会社)について

当社の企業理念は「幸せの化学反応を起こしましょう」です。
当社のさまざまな活動を通して、良い反応を起こることを願っています。

住所〒605-0989 京都市東山区本町新五丁目147番地
代表者代表取締役  竹田裕美子
事業内容工業薬品、塗料、接着剤、樹脂、衛生管理用品、伝統産業資材等の卸
従業員数3名
創業1893年(明治26年)
HPhttps://www.takeda1893.co.jp
沿革1893年 明治26年  竹田千藏が染料、顔料、絵の具等の販売を個人商店として開業。
1953年 昭和28年  株式会社竹田商店に改組。
1960年 昭和35年  消防法改正により、本社社屋を耐火構造に新築。
1980年 昭和56年  商号変更 株式会社タケダとなる。
2009年 平成21年  竹田裕美子 社長就任
2022年 令和 4年  竹田千藏商店をブランド名、ギャラリー名として復刻